投稿日:

飲酒のしすぎはハゲ&抜け毛のもとらしい・・・

「あまり飲みすぎると髪の毛に良くない」という噂はたまに聞きますね。いったい、どんなふうに良くないのでしょうか?

まず、あまり飲みすぎると内臓に負担が掛かってしまいます。お酒は肝臓で分解されるんですが、分泌される際に使われるエネルギーがアミノ酸!!!アミノ酸は髪の毛にとても重要な成分なのに、もったいない!

お酒を飲めば飲むほど、髪の毛に必要な成分がどんどん使われていくわけなんですね。そして、内臓を弱くしてしまい、必要な栄養素が吸収できなくなるのです。

 

ビタミンは、皮脂の分泌を調整・頭皮の健康を保つ・血行を良くするなどの働きをしてくれます。

しかし、内臓が弱くなってしまったら、その働きもストップ・・・。そうして、薄毛や抜け毛へと悪い方向へ進んでしまうのです。また、お酒には糖分も含まれていますから、知らず知らずに糖分過多になる場合も。

糖分を多く摂取してしまうと、血液の中にどんどん脂肪が増えていきます。そして、皮脂の分泌はうまくいかなくなり、毛穴が詰まってしまいます。血行も悪くなり、別の病気を引き起こす原因にもなりかねません。

・・・とても怖いですね。
ですから、適度な飲酒でとどめておくことが良いでしょう。

毎日の晩酌を楽しみにしている人も多いかと思いますが、ほんの少しで切り上げましょう。

ツラいかもしれませんが、抜け毛を減らすためだと思えば、多少の我慢もできるはずです。